設備内容

患者様の安心と信頼を考え、院内環境・設備を完備しました。

受付・待ち合いスペース

写真

診察室

写真

検査室

写真写真

検査機械紹介

(1) レンズメーター

写真

メガネやハードコンタクトの度数、乱視の軸などを自動で計測します。

(2) オートレフケラトメーター・ノンコンタクトトノメーター

写真

遠視、近視、乱視の度数、角膜のカーブ、角膜の厚さを自動的に計測します。同じ機械で空気による眼圧も計測できます。

(3) スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮計測)

写真

角膜の内皮細胞の数や形を調べます。角膜の厚さも計測します。
コンタクトレンズ装用中の方や白内障の術前、術後に必要な検査です。

(4) ゴールドマン視野計(動的視野検査)

写真

周辺部の広い範囲の視野を測定します。
進行した緑内障や、脳の病気の診断に役立ちます。

(5) ハンフリー視野計(静的視野検査)

写真

主に中心部の視野を自動で計測します。
緑内障の診断に重要な検査です。

(6) 眼底カメラ(散瞳、無散瞳、両用)

写真

瞳孔が開いていなくても(無散瞳)眼底カメラの撮影が行えます。
眼底自発蛍光撮影や瞳孔を開いて(散瞳)蛍光眼底撮影(造影検査)を行うことができます。

(7) 3次元眼底画像解析装置(3DOCT)

写真

眼底の視神経や黄斑部の断層撮影や3次元画像解析を行う機械です。
緑内障や加齢黄斑変性などの病気の早期発見に役立ちます。
また画像を解析することにより緑内障が進行しているか検査が可能です。

(8) 画像ファイリングシステム

写真

機械で計測した(2)(5)(6)(7)などの結果がパソコンを通して、一つの画面で見ることができます。

(9) 角膜トポグラフィー

写真

角膜の形状を解析し、不正乱視や円錐角膜、コンタクトのフィッティング検査などに用います。

(10) マルチカラーレーザー光凝固装置

写真

3種類の波長のレーザー光を選択し、網膜を凝固させることによって、病変の進行を抑制したり治療を行う装置です。

(11) ヤグレーザー装置

写真

主に後発白内障の治療に用いるレーザー装置です。